作りかけのTelopyPage (ブログ版)

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows98、復活の日

<<   作成日時 : 2010/08/17 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
定年&還暦の記念にプレゼントしたノートパソコンが10年以上の年月を経て買い換えることにしたとのことで、某親戚氏のPCはWindows7になりました。

環境構築はまた私が引き受け、その作業も終わり持参したところ、古い方のPCは同処分したらよいかとの質問に、「そのまま捨てると情報漏洩することもありますよ」と口走ってしまい、処分も引き受けてしまいました。

自宅に持ち帰ったそのパソコン、火をいれてみると、何事もなかったように、すんなりとWindowsが立ち上がります。

10年以上の間、利用頻度はさほどではなかったのかもしれませんが、一度の故障もなく引退したこのパソコン、このまま処分するのは、なんとなくかわいそうだか、もったいないだかの感情が沸き上がってきました。

とはいえ、まずは旧持ち主が残してあるデータ類は全て消去する作業を始めます。

ドキュメント類、お気に入りに残されたブックマーク、TEMPディレクトリの一時ファイル類、送受したメール、ゴミ箱の中など、洗いざらい消していきます。
もちろん、DISKのサルベージツールを使われたら、こうした作業で消しただけでは復活可能なのは知っているのですが、あっさり、DISKを壊してしまうのに躊躇していただけなのです。

そして、なんとなく、無用なプログラム類を消し始めるにいたり、「スタンドアロンでつかうなら、おもちゃか、テストマシンくらいになるかしら?」などと思いはじめていました。

そうした作業を完了し、軽量化されたこのWinsows98(正確にはWindows98SecondEdition)のノートマシンは結構、軽快に動作するのです。

最近のWindowsのように、派手で余計な飾り物や、過保護なまでのセキュリティ機能、お節介な自動処理のない彼は、そのプアなスペックのノートパソコン上でも小気味良く動きます。

ここまで動くと、「チューニングすればさらに軽快になるのではないのかしら?」と考え始めます。

そこで、「Win98、現役」「Win98、高速化」などのワードでネットを検索すると、先人たちのノウハウがいろいろ出てくるではありませんか。

「高速化XP十、ああ、これってWindowsxPのチューニングでは使った覚えがある」と思いだし、開いてみると、Windows98SEにも対応しているではありませんか!

ドットネットをインストールしなくてもよい「WIN高速化」の「Classic」をダウンロードし、全ての高速化を適用すると、さらに軽快さを増してきました。

ここまで来ると、ネットに繋げたくなってくるのは人情(?)というものでしょうw

しかし、ノーガードのままでは、とっても危険なのはご承知の通り。
Windows98で動くフリーのセキュリティソフトなんてあるかしら?
いやあるのです。国内で有償販売されているセキュリティソフトは尽くマイクロソフト社がサポートを打ち切ったWindows98はサポート対象外でしたが、中華な国ではまだ現存していたのですよ。無料です。しかも、日々ウイルスのパターンファイルの更新情報まで提供されていました。(2010/8現在)

どの程度の性能なのか、ネット検索したところ、ウイルス検出率ランキングが20番台で約80%強程度。
決して十分な安全性能ではないのですが、ルータの内側で安全に配慮しつつ使うなら、これでも無いよりは遥かにマシでしょう。

さて、ネットに繋ごうと思ったところ、コネクタにLANケーブルがささりません。
そう、LANコネクタだとおもったそこは、電話線をつなげるモデムのコネクタでした。

新品のLANカードを買うのも勿体無いので、中古屋さんにでかけます。
運良く、ジャンク品の山に箱入りのWindows98もサポートするカードを発見し購入しました。箱を開けると、ドライバCD−ROMや取扱説明書も綺麗なまま同梱されており、そのまま簡単に使えたのです。

いざ、ネットの大海へと旅立ったのですが、ちょっと遅い。光ファイバーの速度が出ていない。たしかにダイヤルアップやADSLよりは速いのですが、ちょっと物足りない。

困った時のネット頼みと、また検索「Win98インタネット高速化」。。。
ありましたよ、Windosw98の佳境の時代、ネット接続はダイヤルアップが主流だったため、接続設定が低速に合わせてチューニングされていたのです。
しかも、TCP/IPにバグがあるそうで、パッチをあてて、光に合わせたチューニングをためしてみます。

調整完了後、なんと、数値で見ると3倍に速度アップを実現していました。

こうなってくると、もう現役機並みです。(数値比較では現役で使っているパソコンの半分程度の速度です)

そこで、ダイニングテーブルまでLANケーブルを伸ばそうかと思い、お店ヘケーブルの買出しに出かけました。魔が刺したのか、つい無線LANのコーナヘ行くと、Windows98SEまで対応した無線LAN子機が販売されているではありませんか!
価格も、買おうと思っていたLANケーブルの1.5倍程度。ああこれはもう無線LANを導入するしかありませんよ。

そして、彼は無線経由でインターネットに繋がり、ままダイニングテーブル上で再活躍を始めた次第です。

PLANEX ドラクエもモンハンもWi-Fi通信するならこれ! IEEE802.11b+g WLAN USBアダプタ GW-US54GXS
プラネックス
2006-05-23

ユーザレビュー:
xlink kai用 ...
やや難ありスリープ状 ...
アクセスポイントとし ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by PLANEX ドラクエもモンハンもWi-Fi通信するならこれ!  IEEE802.11b+g WLAN USBアダプタ GW-US54GXS の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Windows98、復活の日 作りかけのTelopyPage (ブログ版)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる