迷惑メール対策いろいろ

迷惑メールどうしてますか?
迷惑メールって、メールアドレスを公開してると、当然のようにたくさん来ますが、ごく親しい友人だけに知らせていても、いつの間にか変なメール来ちゃいますよね。

基本中の基本:送信元アドレス(from)で拒否
まあ、ほとんど詐称ですが、一応拒否しましょう。「Reply-To」の方は返信を求めるメールの場合、
あまり詐称されていませんからこちらでの拒否はある程度有効ですね。


基本1:未承諾広告を受信拒否
Subjectに「未承諾広告」、「末承諾広告」、「未 承 諾 広 告」、「未  承  諾  広  告」を拒否は当然で、「承諾」→「承認」なんてバリエーションも全部拒否しちゃいましょう。

基本2:添付ファイル付きを拒否
あらかじめ、連絡のあった場合を除き、添付ファイル付きメールは全部拒否しちゃいましょう。
知人も含めてそのほうが安心です。

基本3:Subject未入力を拒否
「Re:」だけ、「Fw:」だけなんてのもほぼ迷惑メールですよね。

さらにちょっと高度なガードはメールのヘッダー情報で拒否しましょう。

高度1:「Received」で拒否
送信元アドレスは詐称されていますが、メールサーバを特定できる場合もあります。
「spam」なんて名前のわかりやすい名前の迷惑送信メールサーバを使ってる人もいますねw

高度2:「Content-Type」で拒否
本文テキストが全くなく、HTML形式で画像形式のDMなんてのもありますよね。
「3DGENERATOR」を使ってる人なんて、広告メール送信者だけかな?これは「multipart/related」を拒否すればOKですね。
英語のDMは「charset="Windows-1252"」を拒否するとかがいいかも。「charset=iso-2022-jp」だけ通すというのもありかしら。


さて、プロバイダのメールサーバの設定で私の使っているBiglobeならここまでのガードが出来ますが、
出来ない場合はこんなツールをフリーで配布してる人もいますよ。ご参考まで。
→「Spam Mail Killer」   http://homepage1.nifty.com/eimei/


最後に注意
知人の普通のメールなど、必要なのまで完全拒否しちゃわないように、気をつけてくださいね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック